大切な人のお見送りは実績がある葬儀業者に依頼をしよう

思い出を整理しよう

段ボール

残された物を片付けよう

人が亡くなった時、その人の持ち物を片付けなくてはいけません。特に、賃貸住宅に住んでいた場合は、直ちに取りかかり、退去する必要があります。残された遺族は、心の整理や葬式の準備など忙しく、なかなか遺品整理まで手がまわりません。また、核家族化が進む現代、亡くなられた方と遺族が遠く離れて暮らしていると、移動だけでも時間がかかります。そんな時に、遺品整理を業者に依頼すれば、遺族の負担も軽くなるでしょう。しかし、業者がどのような対応をしてくれるのか、不安があります。安心して、遺品整理を依頼するには、いくつかのポイントがあります。まずひとつめに、柔軟な対応をしてくれるかどうかです。遺品をすべて廃棄処分するのではなく、遺族の意向を聞いて整理・分別してくれるのか、リサイクルできるものは買い取りしてくれるのかなど、遺品に対する取り扱いや遺族への配慮をしてくれることがポイントとなります。ふたつめに、実績やスキルが十分にあり、専門の資格を有しているかです。業者のホームページを見て、遺品整理の実例や、遺品整理士や古物商の資格を確認できると安心です。そして最後に、価格です。できれば複数の業者から見積もりを取り、金額をよく検討する必要があるでしょう。地方では、賃貸住宅よりも一軒家の遺品整理が目立ちます。持ち家率の高い富山県では、家はもちろん、物置や蔵まで整理の対象になり、非常に大変です。そんな時こそ、業者に依頼するととても助かります。また、業者によっては、家や土地の買い取り、家屋の解体も対応してくれるところもあります。富山県を離れて暮らす遺族にとっては、大助かりです。そして、富山県は豪華な仏壇でも有名です。仏壇もきちんと供養して処分してくれます。富山に両親を残し、都会で頑張っている核家族の強い味方となるでしょう。